1. トップ
  2. メッセージ&ビジョン

耐震診断・設計への思い
メッセージ&ビジョン

「耐震への思い」 

  当社は2010年4月の設立以来、一貫して「地震への備え」を追求してまいりました。

  古くより耐震にこだわり、1995年1月の阪神・淡路大震災では携わった建築物の倒壊被害を出さなかった―そのことを誇りとする者たちが設立したのがKプランニングです。その安全と信頼というDNAは今も脈々と受け継がれています。

  また2011年3月に起きた東日本大震災は、人命と国土に甚大な被害をもたらし、いずれ起こる南海トラフ(東海・東南海・南海)連動地震、首都直下型地震といった災害に備えよという意識を改めて多くの方に思い起こさせました。

  我が国の耐震基準は1981年の建築基準法改正をターニングポイントとし、より高い安全性を求めてきました。とはいえ高層住宅、病院、学校、工場などはそう簡単に改修工事ができず、経年劣化によって地震での倒壊リスクをさらに重ねており、その対策は我が国の喫緊の課題であると言われています。

  世界は今、環境を考慮した持続可能な社会構築に向けて大きく動いています。それは我が国が成長していく証でもあった「スクラップ&ビルド」ではなく、今ある財産を再生して活かしていく「ストック型社会」の実現を目指すということでもあるでしょう。

  当社はそれぞれが高度な知識に特化した専門家が業務を担う「技術集団」です。

  既存建物の耐震性能を立地、構造、管理などの状況から総合的に調査・診断するだけでなく、ご要望に応じ、実情に適した改修工事・リニューアル工事まで一貫して責任を負うことができます。中長期にわたる建物の維持管理に貢献し、災害から生命と財産を守るのが私たちの使命です。

  2018年からは建物の売買契約に際してインスペクション(建物状況調査)の説明が義務づけられ、当社への専門的な調査ニーズもより高まっています。

  人々の大切な命、そして人々が世代を超えて建物に込めてきた大切な思いを守りたい。 そんな願いに、正直に誠実に、私たちKプランニングは応え続けてまいります。

代表取締役 黒井 嘉明